ドラゴンとナイトのファンタジーっぽいイラスト完成

JUGEMテーマ:illustration

『ドラゴン&ナイト』

「ドラゴンと騎士のファンタジー、背景森」というお題で制作。ドラゴンと騎士のスケール感がよくわかる構図を意識しました。何気にがっつりドラゴンを描くのは初めてで、一つ発見があった。

 

もくじ

  • ドラゴン制作中の発見
  • ナイトと炎に関して

 

 

ドラゴン制作中の発見

 

 

ありきたりなドラゴン(笑)。

顔の両脇のひらひら的なところや、角、羽。

 

初めはひらひらがなくて、角もなくて、後ろ足もここまで開いてなかったんです。なのでライオンとかネコ科が大きくなったビーストっぽい感じでした。ぜんぜんドラゴンじゃないな〜と。なので、ありきたりな部位を設置しました(笑)

 

ドラゴンになった決め手は後ろ足の股の間隔。恐竜っぽく大きく間隔をとることでやっとドラゴンらしくなったと思います(自分でそう思い込んでます)。

 

ここで発見したことが、ドラゴンは空想の生物なのだから、

 

「実際の動物にありえない要素をもりこんでいけばいいのか〜!」

 

でした。

 

初めは恐竜みたいな、くの字型の足の形でも、股の間隔がせまいとどうもネコ科っぽくなる。ネコ科にないような、おおきく間隔をとればやっとドラゴンっぽくなったな〜という感じでした。

 

参考画像はスピノサウルス。

 

 

ナイトと炎に関して

 

 

●炎

 

炎がなかなか気持ち悪い(笑)

炎をがっつり描いたことがないので、とりあえず「アラブ 原油 石油 油田 火」etc などのキーワードで画像検索して、中東の原油採掘場の画像を検索。何気にドンピシャでいい画像が(笑)

 

火のことをしっかり研究はしていないのですが、火の噴射口が透明で少し先から色が付き始めているのを参考に。あとは色味。フォトショップのブラシツールでさきに赤、オレンジ等で塗っといて、その周りをペンタブでかたどるという。

 

 

●ナイト

 

「わたしはドラゴンと戦いなれてますよ」感だしました。

 

この引きの画面で変に構えてしまうと滑稽に映っちゃったんですよね。なので若干クールな感じで。甲冑は「中世騎士」とかキーワード検索で、騎士っぽくしました。金属系は極端な陰影がでるので、丸ペンでそれを作っていくのが面白いんですよね。

 

マントはこの前描いてた、ローマ軍司令官参考に。

 

 

●最後に

 

丸ペンのような昔ながらのつけペンで描くのが面白いです!

ペンタブとか、液タブも便利だと思うのですが、直に用紙に描く感触がよいんですよね。

なんとかこのままよりきれいに描けるよう工夫したいです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

白地に赤とか結構目にくるので申し訳ないです(笑)

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

京都府出身・東京在住/中学・高校時代、美大予備校で石膏や静物デッサンを経験(4年間)/転じて大学は文系学部に入学/漫画投稿、コミケ参加歴有/卒業後も趣味でマンガ制作(現在休止中)/現在、紆余曲折を経て仕事の傍らブログ更新中!


はこざきたいきのホームページ

Clovis Premier

中世ヨーロッパ史の紹介です。イラストを交えて随時更新中!

categories

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM